スポわか67号(2012.11.14)

65gou

(1〜3面)
和歌山市中学総体秋季大会 13競技の新人王決まる!

〈ハンドボール〉 西和アベック優勝
2位の紀伊と県大会出場

 新チーム初の公式戦となった第65回和歌山市中学校総合体育大会秋季大会は9月22日、バスケットボール競技など3競技を皮切りに開幕し、10月8日に紀之川中グラウンドで行われた軟式野球競技の決勝戦を最後に全13競技の6日間の熱戦が閉幕。各競技の新人王が決まった。一部の競技をのぞき上位チーム、選手は県大会に出場する。
◇男子決勝
西和24(14-4、10-8)12紀伊
◇女子決勝
西和9(3-1、6-3)4紀伊

>写真を見る

〈軟式野球〉河西V県大会にキップつかむ
決勝 好機生かし河北に1点差!

軟式野球競技は8日、紀之川中グラウンドで決勝戦が行われ、少ない好機を得点につなげた河西が河北を1点差で破って県大会出場を決めた。
◇決勝
河 北
0000100|1
000101×|2
河 西
(北)山﨑-野嶋(西)匠-山口
二塁打岡崎(北)酒井(西)

>写真を見る

〈サッカー〉新人王は和大付! 決勝 東に2-1

  サッカー競技は6日、和大付中グラウンドで決勝戦が行われ、和大付が東を2―1で下して優勝。4日間にわたった20チームによる新人王決定戦が閉幕した。

>写真を見る



〈卓球〉明和男子、西和女子が団体V
個人戦 森本(明和)、岡田(西和)が制す

 卓球競技は7日、明和中体育館で個人シングルス戦が行われ、団体、個人の新人王が決まった。団体戦は明和男子と西和女子が制し、個人戦も団体Vメンバーの森本裕弥(明和)と岡田玲尚(西和)が優勝した。団体上位3チームは県大会に出場する。

>写真を見る

〈ソフトテニス〉有功、信愛が団体制す!
個人戦 森本(明和個人戦 林・岩出組(和大付)、宇戸・内田組(信愛)に栄冠

 ソフトテニス競技は6日、和歌山大学テニスコートで初日の残り女子団体戦と男子個人戦が行われ、各部門の新人王が決まった。団体戦は有功男子と信愛女子に栄冠。個人戦は林良太・岩出啓伸組(和大付)と宇戸鈴奈・内田幸音組(信愛)が優勝した。



〈バスケットボール〉明和男子、伏虎女子に栄冠!
2位の伏虎男子、有功女子と県大会出場

 バスケットボール競技は6日、河北中体育館で男女の準決勝と決勝が行われ4日間にわたった熱戦に幕引き。明和男子と伏虎女子がともに頭一つ抜け出た強さで栄冠を勝ち取った。両チームは2位の伏虎男子と有功女子とともに県大会に出場する。

>写真を見る

〈バレーボール〉紀伊女子V圧巻の破壊力!
 男子 明和がリーグ全勝

 バレーボール競技は7日、河北中で男女の決勝戦などが行われた。19チームがトーナメント戦で争った女子は、新人戦としては完成度の高いチームをつくってきた紀伊がコンビネーションプレー、スパイク力で他を寄せつけず圧巻の強さで優勝。部員不足で東が棄権した男子は4チームによるリーグ戦で争われ全勝した明和が制した。女子は紀伊と2位の明和が、男子は全4チームが県大会に出場する。
>写真を見る

〈ソフトボール〉河西全勝優勝!
 リーグ戦 2位明和と県新人大会へ

 ソフトボール競技は6日、東中グラウンドで初日に引き続き5チームによるリーグ戦の残り試合が行われた。栄冠は、明和との3勝無敗同士の直接対決を6―5で制した河西に渡った。両チームは県新人大会に出場する。



(4面)
全日本少年フットサル大会県大会
四箇郷3連覇!全試合0封

 バーモントカップ第22回全日本少年フットサル大会県大会は10月21日、和歌山ビッグウエーブで決勝トーナメントが行われ、 四箇郷が決勝で御坊キックマンを13―0で圧倒するなど他を寄せつけずに3連覇。今大会予選から無失点と攻守にわたって強さをみせつけた。 四箇郷は全日本大会(来年1月4日、東京・駒沢体育館)に出場する。

>写真を見る

(4面)
第1回県フレッシュミニバスケットボール大会
名草初代女王!男子チャンプはKIBI1
4年生以下の男女16チームが熱戦

 4年生以下のチームで争う第1回県フレッシュミニバスケットボール大会は10月21日、和歌山ビッグホエールで行われ、男女各16チームが熱戦を繰り広げた。女子は名草が他を圧倒し、男子は兄弟決戦を制したKIBI1がそれぞれ初代チャンプに輝いた。

>写真を見る

ページのトップへ戻る

Copyright © 2012 週刊報道和歌山社 All Rights Reserved.