スポわか76号(2013.8.14)

65gou

(1面)
汗、笑顔、涙…努力の成果実らす夏!
和歌山市中学総体

 7月6日から熱戦を展開してきた第66回和歌山市中学総体夏季大会は同26日、全14競技の全日程を終えて閉幕、県総体に出場する市代表の選手、チームが出そろった。3年生にとっては最後の夏、ここまで流した汗の分だけ笑顔が弾け、涙が止まらなかった。


野球
河北春夏優勝!日進との投手戦ものに
山﨑、決勝打&ノーヒットノーラン

 野球競技は最終4日目の21日、市民球場で決勝戦が行われ、河北が投手戦を制して優勝した。河北・山﨑と日進・東山との息詰まる投げ合いは、どちらも得点を許さず延長戦に突入。河北は8回、ここまで無安打投球を続ける山﨑が右中間を破る三塁打を放ち、中継ミスの間に生還。山﨑はその裏を3人で切り、ノーヒットノーランの投打の活躍でチームに春に続く栄冠をもたらした。両チームは県総体に出場した。
◇決勝
河 北
00000001|1
00000000|0
日 進
       (延長8回)
 (河)山﨑小山(日)東山-門田
 三塁打小林、山﨑(河)二塁打野嶋(河)


〔決勝・河北-日進〕河北延長8回、三塁打と中継ミスで
決勝点のホームを踏んだ山﨑(右)が岡﨑と抱き合って喜ぶ

>写真を見る

柔道 男子楠見、女子西和団体V

 柔道競技は13、14の両日、県立武道館で行われ、団体戦を楠見男子と西和女子が制した。男子は4強が、女子は3位までが県総体に出場。個人戦は2位までが県総体に出場した。


〔男子団体決勝・楠見-西脇〕副将戦に挑む
楠見・下邨慧(右)と西脇・赤木琉聖

>写真を見る

(2面)
ソフトボール 明和、劇的勝利で優勝!
リーグ戦 同率河西に逆転サヨナラ

 ソフトボール競技は13、14の両日、河西中グラウンドで行われ、5チームがリーグ戦で争った。優勝を決める3勝同士の直接対決・河西と明和の最終戦は、1点を追う明和が土壇場の7回1死から、9番・矢須が安打で出塁し、エース山中杏華が逆転サヨナラ2ラン。劇的な幕切れで明和が春の県大会に続く栄冠を勝ち取った。両チームは県総体へ出場した。


〔リーグ戦・河西-明和〕サヨナラ本塁打を放った
山中杏華(中央1)を笑顔で迎える明和ナイン

>写真を見る

バスケットボール
男子明和、女子伏虎が優勝!市大会無敗
男子4強、女子3位までが県総体へ

 バスケットボール競技は20日、向陽中体育館で決勝戦などが行われ、4日間の熱戦が終了。明和男子と伏虎女子が制し、男女とも今季市大会負けなし4冠をつかんだ。県総体へは準優勝の高積、ベスト4の西和、伏虎の男子4チームと、女子は準優勝の河北と3位決定戦を制した西脇が出場した。


男子決勝・明和-高積〕DFを交わして
シュートを打つ明和センター長岡拓志

>写真を見る

バレーボール
河北男子、紀伊女子が優勝!
男女の4強県総体出場

 バレーボール競技は13日から3日間、西和中体育館などで行われ、河北男子と紀伊女子が優勝した。男子は2位の明和、3位・開智、4位・日進が、女子は準優勝の東と4強の紀之川、明和が県総体に出場した。


〔リーグ戦・河北-明和〕ネット上で競り合う
河北の宇治田(右)と竹中(中央)、明和・山本

>写真を見る

(3面)
リトルシニア日本選手権関西大会
和歌山全6チーム、全国キップ逃す
和歌山シニアはベスト16

 111チーム出場で5月25日に開幕した硬式野球リトルシニアの第42回日本選手権の出場権をかけた関西大会は6月30日、大阪市の舞洲ベースボールスタジアムで決勝戦などが行われ閉幕。和歌山県からは6チームが出場したが、6位までに与えられる全国キップはどこにも渡らず、紀州由良のベスト8が最高位。和歌山市の和歌山シニアは鳥取中央、京都北を下し4回戦で奈良の橿原磯城と対戦したが惜敗、ベスト16だった。

>写真を見る

(3面)
わんぱく相撲和歌山場所
豆力士熱戦!沸く観客

 第20回わんぱく相撲和歌山場所は6月2日、県営相撲場で行われ、小学生の1年生から6年生までのわんぱく、おてんば力士が男女別に分かれて熱の入ったとりくみを披露し、満席となった観客を大いに沸かせた。男子の4年以上の優勝者は全国大会に出場する。

>写真を見る

(3面)
県柔道整復師会少年柔道大会
高学年は九度山A、低学年は更生館Aが優勝

 第25回県柔道整復師会少年柔道大会は6月16日、和歌山ビッグウェーブで行われ、県内45チームから小学生約350人の選手が出場。高学年の部(4―6年生)と低学年の部(2―4年生)に分かれて団体戦で優勝を争い、高学年の部は九度山柔道クラブA、低学年の部は更生館道場Aが制した。

>写真を見る

(4面)
全国高校野球選手権記念和歌山大会
アツかった紀三井寺の夏…

 第95回全国高校野球選手権記念和歌山大会は7月12日から14日間、県営紀三井寺球場で39チームが出場して行われ、春の覇者・箕島が夏の甲子園のキップを29年ぶりに奪取した。夢舞台を目指した球児らの戦いぶりを写真で振り返る。



ページのトップへ戻る

Copyright © 2012 週刊報道和歌山社 All Rights Reserved.